家族に内密にお金を借りていました

家族に内密にお金を借りていましたが、ついに払えなくなって、債務整理する事になりました。

かなり多額の借金のせいで、もう返すことが出来なくなったのです。

話をしたのはそこら辺の弁護士事務所でかなり安い金額で債務を整理してくれました。借金が膨大すぎて、にっちもさっちもいかない時は弁護士や司法書士の力を借りましょう。
もうギブアップという場合は自己破産という手段を選べます。数年間は海外旅行ができなくなるなどの制限が発生しますが、借りているお金がなくなります。個人再生という措置をうけるには、必須条件として安定収入などの一定条件があります。

債務をまとめると一言で言ってもたくさんの種類が選択できるのです。個人再生とか特定調停、個人返済不能や過払い金請求など様々です。どれも性質が違っているため私にはどの選択がベストなのかということはエキスパートに相談して決断するのがいいと思われます。

自己破産をしなければいけない場合、身の回りのものや生活を建て直すための微々たる費用の他は、明け渡すことになります。自宅、土地などの財産の他に、ローン返済中の車も引き渡さなければなりません。しかし、他人が支払いを行い続ける事に、債権者が了承すればローンを返済すると併せて持ち続けることも可能になります。任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利を引き下げたり、元金のみの返済にしてもらうように頼むという公共機関の裁判所を使わずに借りたお金を減額する手段です。

大多数の場合、弁護士、司法書士が債務者の代わりに話し合う場をもうけ、毎月の支払う金額を減少させることにより、完済できる道筋がみえます。

債務整理を行うと車購入のための借り入れが出来なくなるんじゃないかと心配する人がいますが、現実にはそんな事はありません。少しの間、組めない期間がありますが、その時期が経過すると適切にローンを組めるようになるので、不安に思うことは何もありません。全ての借金をなくすことのできるのが自己破産といった制度です。借金で辛い思いをしている人には喜ばしい助けの手ですよね。ですけど、メリットばかりではありません。
当然、デメリットもあります。車や家など財産は全て手放さなければなりません。また、約十年間はブラックリストというものに載る為、新しく借金は出来なくなります。債務整理というフレーズに耳馴染みのない人も多くいると思いますが、自己破産、過払い金請求、任意整理など、借金で悩んでいる人が、借金を片付ける方法を全てまとめて債務整理と言います。つまり、債務整理の意味とは借金整理のやり方の総称と言う事が出来ます。
個人再生に必要な費用というのはお願いした弁護士や司法書士次第で変わります。お金を持っていないのにそんなの払えないと考える人でも分割払いも可能なので相談してもいい事になっています。参っている人は相談することが大事だと思うのです。債務整理を弁護士または司法書士に依頼する時、まず気にかけるべきことは着手金及び以後発生する費用のことです。

着手金の平均的な金額は一社ごとに二万円ほどなのです。中には着手金0円を謳う弁護士事務所も見かけますが、これは過払い金がある人だけが対象ですから、注意して依頼してください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

家族に内密にお金を借りていました への1件のフィードバック

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です